--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/09/25

STA Travelスタッフが行く!コンチキツアー体験記 アジア編 Vol10 ~最終回

contikilogo_sml

こんにちは!ARです。

エジプトパリに続く第3弾として
昨年11月にコンチキツアーの
Asian Adventureに参加してきました。

今回は第10回目、最終回となります。

ツアー最終日は朝解散。
昨夜の盛り上がりか朝食場所でもあまり人を見ることなく、
会えた人数人と別れのハグをしてお別れ

なんかこの朝解散というのは
正直言って好きではありません。
まだアジアに留まる人、すぐに自国に帰る人それぞれです。
私は残念ながらその飛行機
帰国しなければならないため、空港へ向かいました。

最後にこのアジアのツアーを参加しての感想は、
それまで私はあまりアジアというのは
魅力的な旅行先とは思っていませんでした。

街の喧騒、蒸し暑く、貧富の差が激しく、
衛生面でも決してきれいと思えなかったからです。

ただしこのツアーに参加して
そのイメージはだいぶ変わりました。
何よりも物価が安いのがいいですね。

お酒もとても安く、
金銭的な面ではある意味無限で飲み続けることができます
(ただし自分の肝臓は無限ではなかったのですが・・・

アジアにはアジアならでは歴史、文化があります。
アジアの人たちは日本人同様に文化・歴史を大事にしております。

0925-1.jpg


また外人は本当にアジアが好きです。
ある意味、海外でハチャメチャにやりたい
という人がいるならおすすめです


0925-2.jpg


人生初めての象のり体験
チェンマイでのクッキングスクールでの料理を作ったこと、
ホテルでビールを飲みながら語りあった夜
アンコールワットの神々しさをみたこと、
色々な思い出に今でも感傷的になってしまいます。

そんな感じでこのブログを終了しようかと思います。

0925-3.jpg


オークン、チョムリア リーア! 
(カンボジア語でありがとう、さようなら!)



BY AR
スポンサーサイト
【アジアンアドベンチャー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/09/10

STA Travelスタッフが行く!コンチキツアー体験記 アジア編 Vol9

contikilogo_sml

こんにちは!ARです。

エジプトパリに続く第3弾として
昨年11月にコンチキツアーの
Asian Adventureに参加してきました。

今回は第9回目、シェムリアップ その3となります。

アンコールワット、
アンコールトムなどを見た後は自由行動。

マーケットにいって買い物する人たち、
ホテルのプールで泳いだり、
ビールを飲む人たち、
それぞれ分かれますが
やはり外人はプールにいるのが好きですね。

0910-4.jpg

私もカンボジアのビールである
アンコールビールを飲みながら
プールでゆっくりしておりました。


夕方になって全員集合し、
のナイトマーケットへと繰り出します。

シェムリアップにはパブストリートというエリアがあり、
まさにそこはパブやナイトクラブが集中しております歓楽街です。

バンコクのカオサンロードほどではないものの
シェムリアップにもそのようなエリアがあるのです。

0910-3.jpg

この夜はツアー最後の夜ということもあり、
みんなもハメを外しまくっておりました。

0910-2.jpg

特に2件目にいったパブが
「PROMOTING IRRESPONSIBBLE DRINKING」
(無責任な飲みを奨励するといった意味)
という看板がありましたので、
私もそれにつられて飲んで(飲まれて?)
しまいました・・・ 
(このツアーも翌日朝でみんなとお別れとなると
さみしいと感傷的になりなってしまいます・・・)

0910-5.jpg


何件かパブをはしごして最後の夜は過ぎていきました・・・

0910-1.jpg


続く・・・

BY AR
【アジアンアドベンチャー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/08/27

STA Travelスタッフが行く!コンチキツアー体験記 アジア編 Vol8

contikilogo_sml

こんにちは!ARです。

エジプトパリに続く第3弾として
昨年11月にコンチキツアーの
Asian Adventureに参加してきました。

今回は第8回目、シェムリアップ その2となります。


いよいよこの日がやってきました。
カンボジアに旅行といえば
アンコールワットではないでしょうか?
アンコールワットとの対面です!

朝5:00頃、
まだ眠い中、ホテルからアンコールワットへ向けて出発。

簡単にアンコールワットの説明をしますと・・・

アンコール遺跡とは、
カンボジアで9世紀初頭から600年以上続いたといわれる
クメール(=アンコール)王朝時代に、
歴代支配者の指示によって建造された
数々の遺跡群を指すのが一般的とのことです。

特に王朝全盛期である
12~13世紀に建造されたものは
その遺跡群の主たるものとなっており、
その中でももっとも有名で規模も大きく、
代表格の中の代表
といえるのが、
かの有名なアンコール・ワットというわけです。

0827-8.jpg

したがいましてアンコールワットというのは
遺跡群の中のひとつであって、
ほかにもアンコールトム(名前がかわいらしい)、
タケ・オといったさまざまな遺跡があります。

アンコールワットと言えば
日の出に見るべし

前夜に降っていた雨もこの時は上がり、
きれいなアンコールワットを見ることができました

0827-7.jpg

また実物は思ったより大きいです。
アンコールワット内では
現地ガイドの方の説明を聞きながらすすんでいきます。

0827-2.jpg

内部の腐朽は予想以上に進んでいます。
(ある意味これからアンコールワット行きたい人は
早く行った方がおすすめです)

ただし中心部では
美しい彫刻やレリーフを沢山観る事が出来ます。

0827-3.jpg

美しいデバター、第一回廊には壮大なレリーフ、
まるでレースのような、繊細な透かし彫りの模様などなど。
見どころはたっぷりです。

中央塔への階段はほとんど【はしご】と
いってもいいくらいの急傾斜です。

0827-4.jpg

年配のグループが登っていましたが、
結構ハラハラものです。
したがって靴はよくなれた
安定した形のものを選ぶことをおすすめします。

階段を登ったところで
みんなで集合写真。

0827-1.jpg

その後ホテルへ戻り、
朝食、フリータイム
 
14:00頃に再集合しタ・プローム、アンコールトムへ再出発です。

0827-6.jpg

アンコールトム内の
バイヨン寺院もかなり瓦解してます。

0827-5.jpg

ただしこのあたりまでくると
◎×遺跡だが、▲□遺跡だが
わからなくなってきました・・・

この日はカンボジアの歴史を学んだ一日でした・・・



続く・・・

BY AR
【アジアンアドベンチャー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/08/19

STA Travelスタッフが行く!コンチキツアー体験記 アジア編 Vol7

contikilogo_sml

こんにちは!ARです。

エジプトパリに続く第3弾として
昨年11月にコンチキツアーの
Asian Adventureに参加してきました。

今回は第7回目、シェムリアップとなります。



このツアーの最終目的地
カンボジア シェムリアップに来ました

カンボジアはこれまでの国と違い
お金の使い方が非常に簡単です。

カンボジア通貨はRiel(リエル)といいますが、
ほとんどはアメリカドルの利用で問題ないです。
逆にお釣りとしてリエルがでてきてしまうと
使い道に困ってしまいます。

普通の買い物、食事をするのに
今までは何千、何万という桁での
支払で混乱したこともありましたが、
アメリカドルですと数ドルで賄えますので
非常に楽です。

シェムリアップは
古き昔インドシナ半島全域までを支配した
ヒンズー・クメール王朝が繁栄していたこと
歴史もあることから
空港もそれらしき雰囲気があります。

0820-2_20130819154520284.jpg
↑空港の様子

ホテルにチェックインした後は、
Tonle Sap Lake(トンレサップ湖)へ移動。

シェムリアップ市内から約30分程度。
この湖は南アジア最大の淡水湖であり、
下流でメコン川と合流して東シナ海へ通じている。

ボートに乗ってクルーズを楽しみます。

0820-1_2013081915451874d.jpg


湖の上にて生活している
家族・子供たちがいます。
これらを見て何となく
複雑な気持ちとなってしまいました


0820-3_20130819154522f42.jpg

0820-4.jpg


夜はナイトマーケットで買い物。
翌日朝のこのツアーの最大のハイライトであろう
アンコールワットへ向けて
の調達をしました。

朝5:00出発のためこの日は
早目に就寝




続く・・・

BY AR
【アジアンアドベンチャー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/06/12

STA Travelスタッフが行く!コンチキツアー体験記 アジア編 Vol6

contikilogo_sml

こんにちは!ARです。

エジプトパリに続く第3弾として
昨年11月にコンチキツアーの
Asian Adventureに参加してきました。

今回は第6回目、ルアンプラバン3回目となります。


托鉢の終了後、
人生初のElephant Riding(象乗り)
にチャレンジしました。

elephant training school

ALL LAO ELEPHANT CAMP MAHOUT TRAINING SCHOOLまでは
ルアンプラバンから約30分程度で移動します。

zou.jpg

2人1組となってElephant riding(40-50分程度)を楽しみます。

象自体はよく躾されているので、
危険性はまったくありません。

elephant.jpg

ただし途中かなり勾配のある道を歩くため、
その際は椅子を押さえるなどして滑り落ちないように
注意する必要が若干あります
中には象の頭の上に乗っている人もいました。

象乗りの後はKuang Si Falls(クアンシーの滝) へ行きました。

ここは流れ落ちる水が非常に美しいことでしられ、
観光客に人気のピクニックスポットになっています。

falls1.jpg

この日は天気も良くないこともあり、
滝内は冷たかったにもかかわらず、
木から飛び込みをするなど
外人はみんなチャレンジ精神旺盛です。
滝内は泳ぐこともできます。

falls3.jpg

これまでホテルのプールなどでも
まったく泳がなかった私も
とうとう海パン解禁!

ただし泳いでいる途中に
足場がないほど深くなっていることに気づき
ちょっと溺れてしまいました・・・
溺れている時は無我夢中で
「Help! F□%○in deep here, Help! 」
といってたのを覚えております。

67_n.jpg

ツアーメイトのJeffに助けてもらい何とか事なきを経て、
滝前でみんなでガッツポーズ!
(滝の奥に近づくにつれ深くなるため、泳ぎが苦手な方は注意!)

そんなこんなでルアンプラバン市内に戻った後は夕食。
この夜はバーベキュー。

dinner2.jpg

ただ日本のバーベキューと違って、
中心で焼き、周りでゆでるというなんだか
焼き肉+すき焼きをミックスしたような形でした。

dinner1.jpg


とてもおいしかったです。


続く・・・

BY AR
【アジアンアドベンチャー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。