--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/12

行ってきました TrekAmerica ~ツアー7日目・最終日編

まいど、タミーです

相変わらず連載中の…・・・

TrekAmericaLogo.jpg


トレックアメリカに行ってきました~

報告ブログです

参加したコースはウエスタンワンダー」7日間で、
ロサンゼルス~アリゾナ~グランドキャニオン~ラスベガス~ヨセミテ~サンフランシスコ
という、西海岸周遊の定番コース。

今回は・・・いよいよツアー7日目・最終日!
ヨセミテ国立公園編~サンフランシスコ編です


いよいよ最終日。
普通なら少しゆっくりめの朝の予定らしいのだが、
イギリスからきていたツアーメイトが
「実はツアー最終日の夕刻のフライトをとっている。
翌日から仕事なのでこの便で帰りたい」
と相談があり、アイテナリーを変更


5:30には起床し、サンフランシスコへ早めの移動。

途中、大渋滞に巻き込まれヒヤヒヤしながらも、
13時頃にはなんとか終了ホテルへ到着。

0330-5.jpg

ひとまず離団メンバーとお別れした後、
残りのツアーメイト&ツアーマネージャーでサンフランシスコ観光へ出発!

0330-1.jpg


ドラマ・フルハウスや映画ミセスダウトのロケ地を巡ったり…


0330-2.jpg


ヒッピー系のショップが沢山残るヘイトアシュベリーでショッピングしたり…


0330-3.jpg


ゴールデンゲートブリッジを歩いて渡ったり… 


十分サンフランシスコを堪能した後、17:30頃終了ホテルへ。

0330-4.jpg


サンフランシスコの前後泊ホテル
「Best Western Americana」


0330-6.jpg


終了ホテルの待合室。
小ぢんまりしてたけど、とてもきれいでした。



メンバーとハグしあったり、
ツアーマネージャーにTIPを渡したり、
連絡先を交換したり、別れの儀式を終え、ツアー終了。

もう本当に終わっちゃうの?
信じられない気持ち半分のまま、
みんなサンフランシスコの町へ消えていったのでした…


というタミーも、終了ホテルは予算の面から宿泊せず、
別れてドミトリーへ

久しぶりにメンバーとわかれ、一人になり
うるさかった毎日が懐かしく、
またツアーが終わってしまい、現実に戻されることの無念さ
仕事に戻らなくてはならないことを考えると、
切なくブルーな夜を過ごしたのでした…


ちなみに、最終日のフライトについてですが、
今回は8年選手・ベテランツアーマネージャーの機転もあり、
フライトに間に合うようにサンフランシスコへ到着できましたが、
トレックアメリカでは最終日の移動は基本的にNG
(21:00以降のフライトならOK)ですのでご注意ください。




最近暖かくなったり、寒くなったり…去年ってこんなんだったっけ?
っていうか、去年の今ごろ何してたっけ?
なんて、ふと思い出したところ、そうそう、
GAP ADVENTURESのロームラオス
に参加してたんだ~
なんて思い出しました

タミーのラオス話、まだここでご紹介してなかったなぁ…
ってことで、次回からラオスの旅を紹介しちゃうぞぉ


BY タミー
スポンサーサイト
【ウエスタンワンダー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/25

行ってきました TrekAmerica ~ツアー6日目編

まいど、タミーです

相変わらず連載中の…・・・

TrekAmericaLogo.jpg


トレックアメリカに行ってきました~

報告ブログです

参加したコースはウエスタンワンダー」7日間で、
ロサンゼルス~アリゾナ~グランドキャニオン~ラスベガス~ヨセミテ~サンフランシスコ
という、西海岸周遊の定番コース。

今回は・・・ツアー6日目!
ヨセミテ国立公園編Vol2です



前日の夜から、ツアーマネージャーは
ヨセミテで終日自由行動の今日のプランを色々とアドバイスしてくれました。

早起きする翌日に備えて、朝食用とランチ用のサンドイッチを作り
フリーザーで保存

メンバーの多数決で、とりあえず
Mariposa Groveとやら、有名なでっかい木を見よう、ということになりました。

朝6:30起床
普段の日本の生活なら、こんな時間に起きるなんて
機嫌が悪いに違いないんだけど、
広大な自然に囲まれ、鳥のさえずりで目を覚ます。
なんて心地よい朝

3キロあまりの距離を、朝靄の中、みんなでお散歩


0308-4.jpg

1時間半くらいかけて山道をブラブラ。
行きは下り坂で楽しかったんだけど、
帰りは上りば~っかりで… 

バンが置いてあるから、戻らないわけにもいかず…

外人はみんな結構体力あるので、
朝から実はヒーヒー言ってました。


0308-10.jpg


それから場所をかえ、ヨセミテといえば…の
El Capitanを眺める。

命知らずのロッククライミングしている人を発見


そしてここからは、2チームに分かれて行動。
トレッキングチームとダラダラチームの2班。
元気な人たちは1日かけて、多分15キロくらいのトレッキングコースに参加。
朝のマリポサグローブぽっちで疲れちまった
女性陣4人は、麓散策しよう、ということに。

ツアーマネージャーを含めた私達5人は、とりあえず
ビジターセンターで2回目の朝食

私がいったこの頃は、10月の行楽シーズン
ちょうど「コロンバスデイ」の3連休にあたり、ヨセミテはすごい人

快晴で気候もよく、早起きしたこともあり、なんだかお昼寝モード

ってことで、芝生の上で本読みながら
ダラダラとリラックスタイムがスタートしたのでした~


0308-5.jpg

午後2時くらいになり、
麓でパソコン仕事をしていたツアーマネージャーがきて
「いつまでここにいるの~?」と半ば呆れ顔

せっかくだから、短いハイキングコース行っておいでよ、
とコースの案内をしてくれました


0308-6.jpg

1人は体調が悪かったので、残る3人で遅ればせのお散歩
ならぬ、ハイキングに出かけることに。


0308-8.jpg

ヨセミテは自然の宝庫。
植物も動物もいっぱい!
かわいいリスとも出くわしました


0308-9.jpg


タミーの行った10月はDry Season(乾季)のため
滝や川の水量が少なく、迫力にはチョッピリ欠けたけど、
壮大な自然・美しい空気は目と体に栄養をタップリ届けてくれました。

とはいえ、後半かなりバテ気味。
ニュージーランドから来た2人と一緒だったんだけど、
「このコース4マイルらしいよ~」
「キロでどれくらいだろ~」
携帯の電卓で計算すると…
「げっ6キロもあるやん…しんどいはず!」

なんて会話を交わしながら、
メンバーとツアーマネージャーとの待ち合わせ場所に戻ったのでした。


到着すると、すっかり夕暮れ

疲れた体にはやっぱりビール
他の班の到着を待つ間に、お腹も空き始めた頃・・・
隣のテーブルでホールのピザを食べていたファミリーが
「もうお腹一杯だから、残り食べない?大丈夫、手、つけてないから
と、何ピースかもらっちゃったもんだから、
運動&ビールにピザ…
なんて美味

半ば出来上がりつつある時間帯に、他のメンバーが到着。
既に真っ暗になり、これから買出しして戻って調理して…
という工程を想像しただけでいやになったメンバーは、
急遽ピザディナーに変更

ツアーマネージャー含めた10人で
大きなホールピザを3枚も平らげ、至福のひと時を楽しんだのでした

0308-7.jpg


その後、キャンプサイトへ戻り、残りのビールで
飲み会の続き…

キャンプファイアーの火が無くなるまで
最後の夜を語り尽くしたのでした


次回へ続く…

BY タミー
【ウエスタンワンダー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/03/08

行ってきました TrekAmerica ~ツアー5日目編

まいど、タミーです

前回に引き続き・・・

TrekAmericaLogo.jpg



トレックアメリカに行ってきました~

報告ブログです

参加したコースはウエスタンワンダー」7日間で、
ロサンゼルス~アリゾナ~グランドキャニオン~ラスベガス~ヨセミテ~サンフランシスコ
という、西海岸周遊の定番コース。

今回は・・・ツアー5日目!ヨセミテ国立公園編Vol1です


怒涛のようなラスベガスの2日間。
ゆったりとベッドで眠ることができたのも、まるで夢のよう。

朝7時、眠い目を擦りながらメンバー集合。
うちのツアーマネージャーはどうみても「今起きました」スタイル。

髪の毛は寝癖で、ズボンはパジャマ…

でも私達の安全を担うのは、彼。
メンバー全員でツッコミながらも、
ドライバーでもある彼にとって
十分な睡眠はマスト

ってことで、逆に体力温存してきてくれた(ように見えた)姿をみて、
メンバー全員、安心して車の中ではグースカ寝てました


ヨセミテ国立公園についたのが、夜の7:30
途中で体調を崩したメンバーが居たので、予定より2時間近く遅れて到着。
真っ暗な中、みんなでテントを張り、手早くクッキング



0308-1.jpg
自らクッキングする、おちゃめなツアーマネージャー、Dave。
彼は鍋奉行ならぬ、「ロースター奉行」
この席は譲りません。
(ちなみに、まだパジャマのズボンはいてます。見える??)


0308-2.jpg
お手伝いする、ツアーメンバー、Peter。
料理が苦手な人も、混ぜる、焼く、切る、煮る、などのお手伝いをしましょう!
彼は奥さんErinと一緒にオーストラリアから参加してました。

ちなみに、ツアーマネージャーのDaveも、メンバーPeterも
頭にヘッドライトつけてます。
Trekは暗い場所で調理したり、テントの中で荷物出したりすることが
多いので、懐中電灯は必須なのですが
このようにヘッドライトタイプの場合は
両手が使えてと~っても便利
お勧めで~す


0308-3.jpg

今日の夕ご飯は照り焼きチキンと野菜炒め
(。。。&コロナビール
食にこだわりのあるツアーマネージャーが
前の日に下味をつけてジップロックでフリーザーに入れてくれて下ごしらえしてました。

食事が出来上がったのは、夜の9:30…
空腹ときれいな空気&夜空は、
この上ない美味の夕食をもたらしてくれました~♪



次回へ続く~ 

BY タミー
【ウエスタンワンダー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/02/26

行ってきました TrekAmerica ~ツアー4日目編2

まいど、タミーです

前回に引き続き・・・

TrekAmericaLogo.jpg



トレックアメリカに行ってきました~

報告ブログです

参加したコースはウエスタンワンダー」7日間で、
ロサンゼルス~アリゾナ~グランドキャニオン~ラスベガス~ヨセミテ~サンフランシスコ
という、西海岸周遊の定番コース。


今日はツアー4日目。

ラスベガス2日目の様子をお届けします


トレックアメリカでは、一部のコース・日程で
コースにより「En-Route Hotel」という、
キャンプ泊ではなくホテル泊が予定されている都市があります。

このホテル代金はツアー代金に含まれていません
都市・シーズナリティ等により、料金は異なり、
現地でツアーマネージャーに現金で払います。

今回のホテルは、ラスベガスの中心地、
「ストリップ」通りまで2ブロック、
ハードロックカフェ&ホテルの近くで、立地も決して悪くはない所

0218-1.jpg

今回は2人相部屋利用で、
2泊で1人あたりUSD61というお手ごろ価格

セミダブルのベッドが2つ入ったベッドルーム以外にも、
リビング&簡易キッチン、バスタブ付という、
リーズナブルかつ魅力的なお部屋でした。


0218-2.jpg


さて、そんなふかふかベッドが気持ちよかったのか、
連日のハードスケジュールでかなり疲れていたのか、
ラスベガス2日目の朝は遅い。

起きたら14時・・・!

タミーは運良く1人部屋に泊まっていたものの、
(女性人数が奇数だったので)
前日の夜、メンバーと「外出する前には声をかけあおう」といってたのに、
こんな時間やんかぁ~・・・

起こされたのに気づかなかったのか、
まだメンバーは寝ているのか・・・
不安にかられ、メンバーの部屋をノックしたものの、返答なし。

(後できくと、よほど疲れていたのかタミーは眠りこけていたらしい。


夜にはみんなでラスベガス名物・ビュッフェを食べに行こうと、
ツアーマネージャーを含み約束していたのでそれまでは自由行動。
ツアー始まって以来、初めて1人でぶ~らぶら。

ショッピングモールで買い物したり、
街歩きをしたり
コーヒー飲んだりと、
リラックスした時間をすごしてみた。

一人って静かなんだなぁ~と実感したりしたけどね~


そして夕方、ロビー集合!
メンバーと一緒にツアーマネージャーのお勧めで、
アジア系の料理の多い所にいってみました。

キャンプでの自炊もいいけど、
たまにはこうやって違う雰囲気の食事をみんなで食べるのもお勧めです!


0218-3.jpg

↑ビュッフェはディナーでUSD20~30程度(各自負担)。


ビュッフェを食べた後、
ラスベガス名物の絶叫マシーンに乗りたい!
とあるメンバーが言い出し、
有名な「ストラトスフィアタワー」までツアーマネージャーに車で送ってもらうことに。


0218-4.jpg

そういや、この絶叫マシーン、この前テレビで見たなぁ・・・と思いながらも、
高い所は全く怖くないし、せっかくだからチャレンジ

何人かずつにわかれて、タミーとメンバー2人の合計3人は、「インサニティ」に挑戦。

2人ずつシートに座って、くるくるまわりながら、地上300メートルを浮遊するというもの。

↓こういうやつね
0218-5.jpg
(↑タミーの撮った写真は暗くてボケボケだったので、左記の写真は参考資料です。)

怖いというより、回るのが「気持ち悪い・・・」と思ったものの、
結構平気な顔で降りてきたら メンバーが大爆笑。

タミーじゃなくて、その隣に座っていた見ず知らずの男性が、
「固まってた」って。
後で写真も購入できるんですが、
そのショットでも私の隣の男性は、かなりフリーズしてました。

そういえば、話しかけても、引きつり笑いしかしてなかったような・・・

絶叫マシーンを楽しんだ後、またまたカジノへ。

はまるのが怖く、ボンビータミーは見物人に。
とはいえ、夜遅くまで、ラスベガスナイトを楽しんだのでした!


次回はヨセミテ国立公園へ!大自然を満喫する2日間をお届けします♪


BYタミー 



【ウエスタンワンダー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/02/10

行ってきました TrekAmerica ~ツアー3日目編 Vol2

まいど、タミーです

前回に引き続き・・・

TrekAmericaLogo.jpg


トレックアメリカに行ってきました~

報告ブログです

参加したコースは「ウエスタンワンダー」7日間で、
ロサンゼルス~アリゾナ~グランドキャニオン~ラスベガス~ヨセミテ~サンフランシスコ
という、西海岸周遊の定番コース。


今日はツアー3日目の後編。

ラスベガスナイトをお届けします

ラスベガス初日の夜…
今日は同じ「ウエスタンワンダー」に参加している、
逆周り(サンフランシスコ発・ロサンゼルス着)のメンバーと合流!

リムジンを借り切って、ラスベガス観光だ~

大量のお酒・ワイン等をみんなで持ち込み、
エキサイティングパーティー
のスタートです


逆周りのメンバーは、合計10名。
デンマークやオーストラリア、韓国人などで女性が中心。
ツアーマネージャーも、パワフルでチャーミングな女性でした

お互いの行って来たルートの
お勧めポイントや、気候などを話し合ったりして情報交換。

やっぱりヨセミテは寒いよ~
とか
アリゾナのキャンプにはシャワーがないよ~
でも、料理は美味しいよ~
とか。


0210-1.jpg
(↑車内の様子)

揺れる車内
大ボリュームの音楽
ノリノリのメンバー
壊れかけのツアーマネージャー

超ハイテンションな夜は始まったばかり

途中、ラスベガスの観光名所をいくつか立ち寄りました~
(もちろんドリンク片手で)



0210-4.jpg

ここは、ダウンタウン中心部のフリーモントストリートにあるアーケード。
巨大なLEDスクリーンでは、
We will Rock Youの音楽にあわせて
迫力ある映像が流れてました~



0210-2.jpg

それから有名なラスベガスの看板前。
ツアーメンバー全員でおどけてハイチーズ
逆周りメンバーにカメラを渡して写真とってもらったんだけど、
暗い…



0210-5.jpg

リムジンを降りた後、乗車の記念に女性陣でキメポーズ

この後、みんなで町中を散策


0210-3.jpg

ベラッジオの噴水前にて。
みんなかなり、いい気持ちの状態です


この後、ツアーマネージャーのお勧めする
「フラミンゴ」でマルガリータを飲んだり、踊ったりした後
宵っ張りメンバーでカジノへ…


眠らない夜が続くのでした


次回へ続く…

BYタミー

【ウエスタンワンダー】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。