--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/13

GAP ADVENTURES体験記~エジプトを訪ねて~Vol10(最終回)

gap.jpg

今年、GAP ADVENTURESのエジプトツアーに参加してきたARが、

ツアーの雰囲気、概要などの最新情報をお届けします!


第10回目の今回は…
シリーズ最終回!
ARの旅のホンネ編です


今回のエジプト旅行…
それは一体何だったのか???


このツアーの参加者で
日本人はいうまでもなく、アジア圏内からは自分ひとり。

ネイティブ間の会話には
意味が分からず、
とりあえず笑うかYESを連発していることも
ありました

またそのような環境で
ちょっと孤独も感じたこともありました


1013-1.jpg



でも…
もし行けるならまた行きたい!!!です。


それはなぜか????
答えは難しいですが
自分の英語力、度胸などがこれらを通して鍛えられる
ということと、
このような旅行は
普通の旅行では得られないものがあったからです。

あのような羽目を外したりするのも
日本の現状の生活ではできない
と思いますし・・・


1013-2.jpg


ツアーメイトとは、全員ではありませんが
今もfacebookでやりとりをしています

先日ツアーメイトが日本に遊びにきて
再会することもできました

今度は逆にこちらからいってみたいですね


1013-3.jpg


最後に…
ありがとう!
エジプト!
Mate !!
GAP Adventures !!

さようなら、ではなくて…またね!!




BY AR
スポンサーサイト
【ベストオブエジプト】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/09/24

GAP ADVENTURES体験記~エジプトを訪ねて~Vol9

gap.jpg

今年、GAP ADVENTURESのエジプトツアーに参加してきたARが、

ツアーの雰囲気、概要などの最新情報をお届けします!


第9回目の今回は…
スフィンクス・ピラミッド 後編

です!


ピラミッド!


これを見たいがためにエジプトにきている方も多いのではないでしょうか?

ピラミッドとは古代エジプトのファラオである
クフ王、
カフラー王、
メンカウラー王

が埋葬されているとされ、
大きく分けてその3つのピラミッドに分かれております。


0924-1.jpg
↑クフ王のピラミッド


0924-2.jpg
↑スフィンクス+カフラー王のピラミッド


0924-3.jpg
↑カフラー王のピラミッド+メンカウラー王のピラミッド


切符を買って入場すると
すぐ目の前にクフ王のピラミッドが見えます。

ずーっとあこがれだったピラミッドを見た時は
胸が熱くなりました。

テレビや写真でよく目にするピラミッドですが、
それでも実際見てみると改めてピラミッドのデカさを感じました!

前回では
ピラミッド、スフィンクスは
すぐ外は街の景色とご案内しましたが、
ピラミッドの敷地内はひたすら砂漠、砂漠

アフリカ、中近東というと
やはり砂漠のイメージが強いので、砂漠の風景にも圧倒されました。

今回はクフ王のピラミッドの内部にも入ることに。
ちなみに内部は狭いため、
心臓などに病気をお持ちの場合は入場できません

内部は狭く、中心部までは結構歩く。
それでも息を切らして上って行った。

クフ王の「玄室」はとてもよかった。

テレビやガイドブックですっかり有名な場所だが、
確かに、特別な空間です。

呼吸を整えつつ薄暗い玄室内を見回す。
みごとに何も無い。
ただ一つすえられた「石棺」も、なかは空っぽ。
無造作に設置されている換気扇と蛍光灯があるが、
その無骨さは、あの無機質な場所に似合っている気がしました。


ピラミッドの敷地内は広いため、
ピラミッド間の移動はラクダが便利。


0924-4.jpg

これがよくエジプト旅行のガイドブックにあるラクダ乗りです。


0924-5.jpg

ラクダは思ったよりは大きく
最初は振るい落とされるかと思いましたが、
いざ乗ってみると意外におとなしく
そのまま次のピラミッドへ向かっていきます

0924-6.jpg


約20分程度でしたが
超テンションも上がりこの日は
ピラミッド・ラクダ乗り・スフィンクス
とエンジョイができました。


次回へ続く…

BY AR
【ベストオブエジプト】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/08/25

GAP ADVENTURES体験記~エジプトを訪ねて~Vol8

gap.jpg

3月にGAP ADVENTURESのエジプトツアーに参加してきたARが、

ツアーの雰囲気、概要などの最新情報をお届けします!


第8回目の今回は…ツアーの前半のハイライトである
スフィンクス・ピラミッド 前編

です!


スフィンクス・ピラミッド
ギザというエリアにあり、
カイロ中心から
で約20分程度のところにあります。


0820-1.jpg


私の想像では・・・
砂漠の中にスフィンクス・ピラミッドがドーンとあるかと思ったら、
これは明らかに市街地です。。。



ギザの3大ピラミッドのひとつ、
カフラー王のピラミッドの参道入り口には、
カフラー王の顔立ちを残しているというスフィンクス
カフラー王のピラミッドを守護するかのように鎮座しています。

0820-2.jpg


自分のイメージでは、
ギザの大スフィンクスはピラミッド並みに大きい物
だと想像しており
実際に生でスフィンクスを見た瞬間…、
「えっ、小さい!
と思ってしまいました。


それにしては不思議である・・・


スフィンクスは巨大な一枚岩を彫り出して造られたということですが・・・


「この大きな岩を一体どこから持ってきたのか?

「どうやってどの程度の年月をかけて作ったのか?


見れば見るほど、不思議な気持ちになってきました。


スフィンクスは
一体誰が何のために、そしていつごろ作ったのか・・・

0820-3.jpg


ただし良く見ると・・・
顔は雨などにより浸食しているような跡もあり、
風化してしまったため、鼻やつけひげはなく、
修復をしようとした形跡も残っていました



次回は後半 ピラミッドです



BY AR

【ベストオブエジプト】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/08/13

GAP ADVENTURES体験記~エジプトを訪ねて~Vol7

gap.jpg

3月にGAP ADVENTURESのエジプトツアーに参加してきたARが、

ツアーの雰囲気、概要などの最新情報をお届けします!

第7回目の今回は…
エジプトの夜行列車
についてご案内します!


今回はカイロ→アスワン(所要 約12時間)、
ルクソール→カイロ間(所要時間 約9時間40分)は
夜行列車での移動となりました


0813-1.jpg

0813-6.jpg



ちなみにカイロからの夜行列車は
Giza駅(Gizaといえばピラミッドのある地区)から利用となります。

特に夜のエジプト市内からのGiza駅までの移動時は
必ず交通渋滞
に巻き込まれるので要注意!

普段だと30分弱で着くのですが
結局1時間半ほどかかりました

0813-2.jpg


またタイムテーブルもあてにならず、待って待ってようやく我々の列車が到着しました。

ツアーリーダーが
「Really Comfortable ! 」
といっていたので、
重厚な設備の寝台車を期待していたのですが、
内装もいたってシンプルな近代的なつくりです

2人用の個室で、
ソファーと洗面台がある狭い部屋。
トランクを置くともういっぱいです


0813-3.jpg


また車内販売もないので
みんなアルコールやスナックを事前に買って持ち込みします。

さてアスワンへ出発!!!


出発するやみんなが部屋の前の狭い通路にて盛り上がります。
乾杯!

0813-7.jpg


0813-8.jpg



列車はやはり揺れる、揺れる。
この揺れは酔いを増長させます


0813-4.jpg


部屋に戻ってみると部屋がソファーからベッドになっていました。
(ベッドは2段になっていて上段は固定、
ソファーの背の部分を下へ倒すと下段のベッドに早変わりします。)


食事は乗車料金に含まれており、
1両に1人ずついるボーイが部屋まで運んできてくれ、
壁面に設けた折り畳み式のテーブルにおいてくれます。

これがまたシンプルなもので、
夕食はかなりオイリーな魚の食事。

0813-5.jpg


本当に飛行機のエコノミーの機内食と
同等からそれ以下という感じでしょうか?


既に乗り物酔+アルコール酔になりかけている私には喉が通りませんでした・・・


これを帰りのルクソール-カイロも繰り返しますが、
ツアーも終盤ということでこの列車での盛り上がりは
このツアーのハイライトとなりました。

列車内にはサロンの車両があり、そこをほぼ貸し切り状態となりました。
躍ったりしてみんなで大盛り上がり


0813-9.jpg


翌朝はどうなったかというと
完全な2日酔いでした・・・


0813-10.jpg

BY AR
【ベストオブエジプト】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/07/21

GAP ADVENTURES体験記~エジプトを訪ねて~Vol6-2

gap.jpg

3月にGAP ADVENTURESのエジプトツアーに参加してきたARが、

ツアーの雰囲気、概要などの最新情報をお届けします!

今回は…
エジプトツアー番外編
パート2です!

前回のストーリーはこちらでチェック


昼すぎにオールドカイロ観光が出発して
お腹がすいてきたので
「コシャリ」を食べることに。
コシャリ…それはエジプトの超庶民的な料理です。

0717-5.jpg



下町の大衆レストランや通りに出ている屋台に、
大きなアルミのたらいのふちにお皿をぐるッと並べ、
その中にコシャリを山盛りにして売っています。
注文すると、すぐお皿に盛ってくれて、
これにトマトソースと赤唐辛子、
好みによりお酢をかけて食べます。

待つことなくすぐ食べられて、
ごはんをベースにしているので日本人にも食べやすく、
激安(20円くらい)なので
エジプトでハマった日本人のコシャリ・フリークもたくさんいらっしゃることと思います。

コシャリはもともと(キリスト教)コプト教徒が
宗教上肉を食べない期間に食べた料理です。

ビタミンB1、B2が豊富なので、
これとお米を組み合わせたコシャリは
栄養的にもバランスのとれた一品と言えましょう。

上手に作れたコシャリはふんわり口ざわりも軽く、
ごはん、マカロニ、豆の味がうまく調和し、
カリッと上がったたまねぎフレークの香ばしさと、
トマトソース、赤唐辛子のピリッとした味がアクセントになって
大変おいしく、いくらでも食べられるような気がして
つい食べ過ぎてその日はトイレにこもることになりますので
食べ過ぎには気をつけましょう!

その後はカイロの町をどこに行くとも知れず歩く。
なかには貧困地区なども。

今回のツアーでは見られない、これが本当のエジプトなのかも
と思いながら気がついてみると午後3時ごろ。

カイロ市内は夕方はラッシュアワーになるため、
早く空港へ向かおうと
カイロを後にしました


次回へ続く~

BY AR

【ベストオブエジプト】体験記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。